医師のご紹介

  • HOME
  • 医師のご紹介

院長 斎藤 広生

現代社会は「ストレスの時代」と言われます。
我々の生活は従来のリズムを奪われ、大きく変わろうとしています。人間として、ごく自然に生きる、自分らしく生きる、そのためのお手伝いが出来るよう、精一杯、努力いたします。「普通に帰る(カエル)お手伝い」という当院の目標をどこにでもある、ありふれた三つ葉とカエルのロゴマークに込めました。
治療のメインは薬物療法ですが、薬が必要ない場合は投薬していないケースも多数いらっしゃいます。とにかく一度、ご相談にいらしてください。病院勤務時代には特に力を入れていた分野は統合失調症・躁うつ病・うつ病の急性期治療でしたが、近年は発達障害やパニック障害、不眠症、ひきこもり、認知症の周辺症状の治療にも力を入れて治療を行っております。
また各種の原因で受診できない方に対しては往診・訪問看護を行っております。
受診の流れに関してはお気軽に御相談ください。

略歴

平成元年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
同年6月 医師免許取得
同年6月 慶應義塾大学病院精神神経科 研修医
平成2年9月 医療法人社団大和会大内病院に常勤医として勤務
平成8年9月 南埼玉病院に常勤医として勤務
平成13年9月 医療法人社団大和会大内病院に戻り常勤医として勤務
同院精神科診療部長、副院長
平成22年6月 江北メンタルクリニック 開業

所属学会・指定医など

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会
  • 日本精神科救急学会
  • 肺塞栓症研究会
  • 日本うつ病学会

得意とする疾患

☆統合失調症
☆うつ病(気分変調症)
☆気分障害(躁うつ病)
☆不安障害・社交不安障害
☆パニック障害
☆摂食障害
☆強迫性障害
☆発達障害
☆ひきこもり・不登校
☆老年期の問題行動
☆その他…精神科・心療内科疾患全般

常勤医師 中村馨(なかむらけい)

平成30年10月より当診療所に勤めております。精神科の医師としての基礎を昭和大学精神神経科で修め、大内病院では精神科急性期病棟を中心として勤務しておりました。また、大内病院時代には保健総合センターや児童養護施設嘱託医、精神科グループホーム嘱託医などの経験も積んでおります。その後、東北の地において、認知症を中心としたご高齢の方の外来診療や行政と連携しての地域調査研究などに従事しておりました。
専門としては認知症ということになるかと思いますが、当診療所ではお子さまからご高齢の方まで幅広く対応させていただいております。治療につきましては、「お薬を使う」ことを前提とせず、いらっしゃった方の状態に合わせて、できる限り複数の方法をその都度ご提案・ご相談させていただきます。ただ、専門的なカウンセリングは対応困難ですので、ご了承ください。

略歴

平成15年3月 昭和大学医学部卒業
同年5月 医師免許取得
同年5月 昭和大学精神神経科研修医
平成18年10月 医療法人社団大和会大内病院勤務
平成21年4月 日本精神神経学会精神科専門医取得
平成21年7月 精神保健指定医取得
平成23年6月 東北大学高齢者高次脳医学勤務
平成24年9月 医学博士取得
平成30年10月 江北メンタルクリニック勤務
平成30年10月 日本認知症学会認定認知症専門医・指導医取得

所属学会・指定医など

  • 日本精神神経学会
  • 日本精神科救急学会
  • 日本総合病院精神医学会
  • 日本うつ病学会
  • 日本臨床精神神経薬理学会
  • 日本認知症学会
  • 日本認知症予防学会
  • 日本高次脳機能障害学会
  • 日本老年医学会
  • 日本老年精神医学会

得意とする疾患

☆認知症を始めとする老年期精神障害
☆気分障害(うつ病・躁うつ病など)
☆不安障害(パニック障害・社交不安障害・全般性不安障害など)
☆統合失調症
☆強迫性障害
☆高次脳機能障害(外傷後・脳血管疾患後など)
☆その他、精神科・心療内科疾患一般(児童思春期含む)

スタッフ紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さまのご来院をお待ちしております。
自分の家族に対して接するように、患者さまに親しみを感じていただけるように努めております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。
写真は往診・訪問看護用の車で「初代カエル号」です。